22/07/2024

どの職種においても必要なスキル

フリーランスで活躍するにはその職種特有のスキルが必要なのはもちろんなのですが、実はそれ以上に必要とされているのが営業力と人脈です。その2つのスキルはどの職種においても必要とされているため、独立前に高めておく必要があるでしょう。

フリーランスは自由に好きな仕事を選ぶことができる反面、自分で仕事を掴んでいく必要があります。日頃からクライアント候補となりそうな人や企業と接点を持つことを意識し、さらにそれだけでは不安なので窓口を広げた営業力が必要となります。独立前に勤めていた会社につてを頼むのもいいでしょう。しかし自力で掴んだクライアントがいても、いつ契約を切られてもおかしくない状況であることは変わりません。

その他にもクラウドソーシングのサイトに登録をしたり、SNSを活用しておくことが、窓口を広げる、ということになります。サイトに載せるプロフィール画面を充実させたり、SNSやブログ記事を広い範囲の人々わかりやすくアピールできるようにする必要があります。メディアを駆使して世界中に発信し、知名度を上げていくことがフリーランスにとっての最大の営業方法です。

とはいえ、Web上ではなく人と人との実際の繋がりを重視する企業も多いです。そのため人脈作りも積極的に進めていくべきです。同じ企業で働いている人や取引先で知っている人など、将来フリーランスとして働くことを目指しているなら企業に勤めている時から人脈作りを意識しておくといいかもしれません。人脈はすぐには作り上げられるものではありません。日頃から仕事が関係なくても誠意を持って人と真剣に人間関係を作れる素質は必要と言えます。